レッスル村まで何マイル

アイツにプロレスの本渡すとヨダレ流してヒイヒイよがりますぜ
って話が知り合いの間でどこまで広がったのか

プ1

気がつけばプロレス雑誌再生工場になってたアタシの部屋。

プロレスを見始めたのが普通の少年よりだいぶ遅かったというか
周りがもう総合格闘技路線に入っちゃった頃だから遅いどころの話じゃないもんで
覚えなくちゃイケない出来事がそれこそ山のようにあるのね。

長く見てるほど楽しめる』どころか
昔を知らなきゃバスから投げ出されるプロレス村は
それはそれはもう恐ろしい所ですばい。

プ2

映像で振り返るのも限界があるし
ちょっと気になる部分をこういう資料で
パパっと確認できると楽よね。
黒潮太郎の写真とか初めて見たし。

プ3

俺が今までスタンガン高村顔マネとして披露してたのは
実は鶴見五郎顔マネの方だったのか。

徐々に変えてこう。7:3ぐらいで変えてこう。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://gyofuno.blog45.fc2.com/tb.php/800-68004477

Comment

与一

その選手名鑑、金正恩のお祖父ちゃんとなる人なんかも載ってましたね。
戦後間もない頃のレスラー勢は、存在自体がファンタジックだなあ。
全日時代のゴローちゃんは、もう教科書みたいな存在だと思います。
  • URL
  • 2012/02/01 03:27

ドン

すげぇ、お祖父ちゃんとか全然知らなかったです・・・
っていうか東亜プロレス自体が未知との遭遇というか。
鶴見さんはツルティモドラゴンが初めての出会いだったもんで
全日に所属していた事もこの本でようやく知りましたよ。
こんだけの長い歴史の中ではミスター高橋本なんてのは
全然取るに足らないお話だったんだなぁというね。
  • URL
  • 2012/02/01 23:13
  • Edit

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

過去ログ

Amazonさん

おさわり中

カウンター