FC2ブログ

メモリアル極ベヒーモス館

Xboxone 『モンスターハンターワールド

こうすれば極ベヒーモスに勝てるよ!よりも
ウチはこれで極ベヒーモスに勝てたよ!
という情報の方が後々役に立ちそうなので
私の最終戦パーティー情報だけでも残そうかしら。

mhw113



一人目・ガイラバスター爆鱗(タンク)
砲術3装填数upで頭ポンポンしまくる盾役。
開幕ポンポンから杭打ち込みで敵視確定は頑張る。
そこから先は頭を追い掛け少しずつ砲撃と攻撃で
敵視カウント(10発)を溜めていくお仕事ですね。
エリア3では延々と砲撃し続けマシーンになる!
龍滅石5発で敵視確定だけども、今回は無しでした。

二人目・エンプレスメイス冥灯(ヒーラー)
耐震3で手足を殴りながら薬をがぶ飲みする回復役。
余裕があるときは縦とか横とかによく回る。
タンクやアタッカーが恐れることなく戦えるのは
ヒーラーが回復してくれると信じているからですね!
安心と信頼の相棒ハンターがやってくれました。
エリア4ではほぼ薬浸け状態だったみたいです。

三人目・アンフィニグラ(アタッカー)
とにかく拡散弾をキレイに当て続ける攻撃役。
シールド三枚乗ってたけどガード性能は無かったので
あくまで保険で付いてるだけのメインアタッカー。
砲撃姿勢に入ると身動きがとれなくなるけども
そこはタンクとヒーラーで何とかカバー。
あんまりにも火力が高すぎて最初のうちは
エクリプスメテオのタイミングが分からなかったよ!

そして問題の四人目・ゲイボルグ真
戦闘中は何をしてたのかよく分からなかったけども
クリップを見返してみたところ、彼は基本的に
ベヒーモスの前足付近で戦っていたんですね。
そして敵視が取れたら後方で尻尾切り活動を。

mhw114

つまり、今回私のガンランス能力が覚醒し
敵視を取りまくれたワケではなくて、
四人目の彼が前方に居てくれたおかげで
ベヒーモスの頭がある程度固定されてくれて

結果的に頭を多く攻撃出来ていたんですね!

やっぱりこの四人での勝利!
誰が欠けても討伐出来なかった。

大魔法アンフィニグラを詠唱する賢者を護るため
パラディンと導師と竜騎士が陣形を組む
そんなファンタジーな戦いでした。


mhw115

俺が
俺たちが光の戦士だ!

もう二度と来ねぇからな!

-完-
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

過去ログ

Amazonさん

おさわり中

カウンター