ドワーフネットワークの時代

XboxOne 『ドラゴンエイジ:インクイジション

ちょっとだけマルチプレイ

軍団兵

最初の使用キャラはドワーフ戦士で無敵のタンクな軍団兵。

マスエフェクト3のマルチプレイの様にベテランが一人居れば何とかなるとか
そういう話ではなくて、4人でちゃんと協力しないとキビシイ世界なもので

タンク役の私はちゃんと敵の群れを引き付けたり
ボスの攻撃をすべてもらい続けたり
それでいてガードを固めて死なないようにしたりと
ソレはソレで楽しい戦場に。

計画的にスキルツリーを伸ばしていけば
レベル12ぐらいで思い通りの動きが出来るようになるんでないかな。

敵を引き付けガードゲージを貯める『ウォークライ』を覚えてからが本領発揮期間かしら。

ドワーフの思い出

DA:Iのマルチプレイキャラは名も無き兵士ではなく
経歴や名前がある一人の人物なもので
キャラ同士の掛け合いなんかも楽しいわね。


そして道中拾ったりガチャでもらったアイテムを解体しまくって
二刀ローグでグレネード使いのドワーフ娘 『錬金術師』 をアンロック。

錬金術師

ドラゴンエイジ2のDLCクエスト・レガシーに巻き込まれて
一人置いてけぼりになっていたのを審問会に救助された
手先の器用なドワーフの女の子という設定らしい。
DLCまではやってる時間なかったなー。

っていうかローグ用の短剣も全部解体しちゃったよ!
いい武器持ってないよ!!!!
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

過去ログ

Amazonさん

おさわり中

カウンター