ロード出来る市長へ手渡された都市

PC 『シムシティ

最初の都市が無限ロード状態になってしまったので破棄したけども
もう一回その都市の市長になれば再開出来るかもしれないと思い

以前の地域を探して都市へと行ってみたら、既に別な人が市長になってました。

創造主の手を離れた第一の都市『アイロス

昼の第一都市

別な人が再開発してるハズなんだけども
見た感じ道路・公共物・区画まで変更無くそのまま運営してるみたい。

都市の特化はせずに収入が少なすぎる以外は特に問題のない都市だったものね。

シムどもの生活を眺めるにはコレぐらいで丁度いいのかもしれない。

夜の第一都市

初めましてのモノは手元に残して置きたかったけども
ロード出来ずにそのまま放置ってのは周りの都市にもアレだしね。

無念。
スポンサーサイト

トラックに翻弄される都市

PC 『シムシティ

最初の都市がロード出来なくなちゃったもんで、仕方なく放棄して移動した先

第二の都市は石油採掘着手直後でなぜか放棄された都市の再生。

豊富な石油資源と電子機器の貿易で生きる『セッシア

第二都市

橋の向こうにの電子機器貿易都市が。


貿易の利益が旨すぎて快調かとも思われたけど
運搬トラックの消失だとか
深刻な渋滞問題で都市はあっけなく破産。

合金消失

俺の合金輸送トラック返してよ・・・

時間が消え続ける街

PC 『シムシティ

今回はオンラインでひとつの地域を皆で開発しようというスタイルなので
プレイ前にサーバー選択・地域の選択という大きなハードルが。

サーバーを跨いで都市の共有は出来ないから
安定してそうで、なおかつ日本人が多そうな所を
上手いこと選べれば良いんだけど

そんなのよく分からないもんで、とりあえずオセアニア2を選択。

続いての地域選択は、一覧から良さげなのを開いて地道に確認していき
なんとか日本人だらけと思われる地域に潜り込むことに成功。

お世話になります

電気・水道・下水処理なんかでお世話になる右のカジノ都市と
労働者・顧客のやりとりでお世話になる山の上の都市。

開発序盤、自由に街を作っていたら高所得者向け商業地区が発達したので
そのまま観光特化都市にしてしまおうかと、公害の無い太陽光発電研究のため
大学を立てたら周りの工業地区がハイテク化してきちゃったもんで

急遽ハイテク産業都市へとシフト中。

そもそも標高が低くて超風下な立地的弱者が
観光都市なんてチャンチャラ可笑しいって話なのよね。

向こう側の街

崖の向こう側の彼らとは特に交流無し。

そして今日はサーバー不調でデータを昨日の状態まで巻き戻された挙句
更には何時まで経っても都市をロード出来ないまま終了。

日中色々と都市計画考えてたのに
遊ばせてもくれないんですか。

虫になれるパッチ

  • 2009/05/04 23:40
  • Category: PC
しばらくぶりにPC『SPORE』を起動してみたら
バランス調整・パーツ追加パッチがきてた。

本体発売から2週間後に公開されたパッチに
今気が付くとかどんだけ放り出すの早かったんだっていう。


で、追加された外骨格手足が結構素敵だったのんで
とりあえず感じるままにクリーチャー生成していったら

外骨格パーツ


良い感じに進化した虫方面ができたなと。
っていうか以前こういうタイプ作った様な。

この辺が創造力の限界か・・・


追加パーツセパックが販売されてるけど、どうしようか。
生成したクリーチャー達が勝手にモグモグしてる様子を
神様視点で眺めるモードとかあったら良いんだけど。

最大スポ冠更新!

  • 2008/09/10 23:32
  • Category: PC
PC SPORE

自分のクリーチャー数や創造したクリーチャーへの
コメント管理なんかが出来るマイ・SPOREページ。

その中にある「イベント」の項目。

友達登録した人の進行状況や
自分が創造した生物が他でどんな扱いを受けたか
なんかをお知らせしてくれるのんですが

ついに友達の居ない私にも報告が!


○○(ユーザー名)は宇宙ステージでfuru2を壮大な存在にしました。

これが8回。もしかしたらもっと。

furu2っていうのはウチで誕生したフルフルみたいなアイツ

壮大な存在っていうのはサイズも能力も通常の10倍ぐらいある
スーパーハイスペックでメガトン級なクリーチャー。

壮大なクリーチャー
こういう。

つまり、知らないドコかの銀河のドコかの惑星に
ラオシャンロンクラスのフルフル集団が突如誕生したって事!
しかも宇宙人の介入によって!
いいぞもっとやれ!

問題はfuru2がすんげぇ弱いって事かしら。
巨大化したのに淘汰されたりしなきゃいいけど・・・

Pagination

Utility

過去ログ

Amazonさん

おさわり中

カウンター