FC2ブログ

第200話・雑食ハンターあらわる

Xboxone 『モンスターハンターワールド

なんだかんだでフラフラと狩り続け
気がつけば私のハンターもHR200に到達。
おめでとう。
ありがとう。

mhw120

初期は鈍器振り回すガールだったけど
次々現れる強敵に対し手を変え品を変え
気がつけば雑食ハンターへと進化したんですねー。

現在は、極ベヒーモス戦で出会った
絶対に尻尾だけは切り落として帰るマンに憧れて
大剣を上手いこと振り下ろす練習の途中。

mhw119

俺ごと狩れぇぇぇぇ!!(悲鳴)
スポンサーサイト

そよ風に強いハンター

Xboxone 『モンスターハンターワールド

前回の歴戦王テオで顔見せだけして帰った
歴戦王クシャルダオラ』がいよいよ本番登場!

mhw118

メタリックボディが錆びっぽくて立派。


クシャといえば風圧がとんでもなくて
普段はガンナー装備で遠距離からパンパンたけど

歴戦王ともなると火力がとんでもないだろうから
今回はガンランス装備でのポンポン砲撃に挑戦。

mhw116

クシャナセットの風圧完全無効で準備万端!

歴戦王クシャは予想通り火力が高く
跳ね上がり竜巻の暴風っぷりが酷く
対ガンナー広範囲ブレスなんかしてきたけど

歴戦王としてはシンプル強化なスタイルだったので

もはや極ベヒーモスでタンクをしてた
ポンポンハンターの敵では無いのだよ!

mhw117

こんなのミルストーム地獄に比べたらそよ風だな!
(竜巻と竜巻の挟み焼きにされながら)

報酬の石もウマイから通おうかしらー

メモリアル極ベヒーモス館

Xboxone 『モンスターハンターワールド

こうすれば極ベヒーモスに勝てるよ!よりも
ウチはこれで極ベヒーモスに勝てたよ!
という情報の方が後々役に立ちそうなので
私の最終戦パーティー情報だけでも残そうかしら。

mhw113



一人目・ガイラバスター爆鱗(タンク)
砲術3装填数upで頭ポンポンしまくる盾役。
開幕ポンポンから杭打ち込みで敵視確定は頑張る。
そこから先は頭を追い掛け少しずつ砲撃と攻撃で
敵視カウント(10発)を溜めていくお仕事ですね。
エリア3では延々と砲撃し続けマシーンになる!
龍滅石5発で敵視確定だけども、今回は無しでした。

二人目・エンプレスメイス冥灯(ヒーラー)
耐震3で手足を殴りながら薬をがぶ飲みする回復役。
余裕があるときは縦とか横とかによく回る。
タンクやアタッカーが恐れることなく戦えるのは
ヒーラーが回復してくれると信じているからですね!
安心と信頼の相棒ハンターがやってくれました。
エリア4ではほぼ薬浸け状態だったみたいです。

三人目・アンフィニグラ(アタッカー)
とにかく拡散弾をキレイに当て続ける攻撃役。
シールド三枚乗ってたけどガード性能は無かったので
あくまで保険で付いてるだけのメインアタッカー。
砲撃姿勢に入ると身動きがとれなくなるけども
そこはタンクとヒーラーで何とかカバー。
あんまりにも火力が高すぎて最初のうちは
エクリプスメテオのタイミングが分からなかったよ!

そして問題の四人目・ゲイボルグ真
戦闘中は何をしてたのかよく分からなかったけども
クリップを見返してみたところ、彼は基本的に
ベヒーモスの前足付近で戦っていたんですね。
そして敵視が取れたら後方で尻尾切り活動を。

mhw114

つまり、今回私のガンランス能力が覚醒し
敵視を取りまくれたワケではなくて、
四人目の彼が前方に居てくれたおかげで
ベヒーモスの頭がある程度固定されてくれて

結果的に頭を多く攻撃出来ていたんですね!

やっぱりこの四人での勝利!
誰が欠けても討伐出来なかった。

大魔法アンフィニグラを詠唱する賢者を護るため
パラディンと導師と竜騎士が陣形を組む
そんなファンタジーな戦いでした。


mhw115

俺が
俺たちが光の戦士だ!

もう二度と来ねぇからな!

-完-

光の戦士の仮免許皆伝!

Xboxone 『モンスターハンターワールド

極ベヒーモス』と戦い始めて一週間が過ぎました。

mhw109

通常ベヒーモスはルールさえ分かってしまえば
四人の意思疏通が出来てなくも何とかなったけども

極ベヒーモスはまず四人の武器種選択から始まり
それぞれの武器に合ったスキルを盛りまくった所から
ようやくスタートラインなハードルの高さ。

そんなだから、クエストを失敗したところで
自分達にどんな問題があったのかすら分からずに
なんだか時間だけが虚無に吸いとられていくような
絶望的な戦いだけが続いていくんですね。

まぁ私の場合は敵視取れてないのが問題ですけど!


そして出会った光の戦士。

mhw111

ヘビーボウガンで爆撃するスタイルで
モリモリダメージを稼いでくれる彼を
ヒーラーが休むことなく回復し続け
タンクの私は頭を攻撃し敵視を獲得

最初のうちは私が上手く敵視を取れずに
何度も失敗が続いたけれども、それでも
光の戦士は私達に付き合ってくれて

mhw110

討伐完了!

総力戦の中、ラストは全員が役割を完璧にこなし
誰もダウンする事なくキレイに決まったわよ。

mhw112

この達成感はクセになるけども
もう一度同じ事やれって言われても無理だから!
俺は光の戦士(仮)で十分ですよ!!!

そして付き合ってくれた光の戦士ありがとう!

ガンスでタンクでヤンス

Xboxone 『モンスターハンターワールド

引き続き攻略中の『極ベヒーモス』戦

何度か戦ってみたところ、ハンターの数的に
ヒーラーとタンクが圧倒的に足りないことに気づく。

まー皆武器でビシバシやりたいものねー。

mhw108

という事でヒーラーをお供ハンターさんに任せ
私は数回使った程度のガンランスを担いだ
砲撃ポンポンタンクへの道へと進む決断を。

mhw107

見た目を捨ててスキルも頑張って盛った!
タンクに必要なスキルに耳栓と保険の根性!
やわらかタンクはすぐペチャンコだからね!

武器も拡散Lv4のガイラバスター爆鱗へ持ち変えた!

mhw106

それでも極ベヒーモスには全然勝てなすぎて辛い…

こいつマジでアレだろホントに…
光の戦士たちどこにいるの…

タス…ケ…テ…

Pagination

Utility

過去ログ

Amazonさん

おさわり中

カウンター